アート 京都

杉本博司 瑠璃の浄土 @京都市京セラ美術館

京都市京セラ美術館開館記念展  杉本博司 瑠璃の浄土

2020年3月21日に京都市美術館が、京都市京セラ美術館としてリニューアルオープン。

新たにオープンする新館「東山キューブ」で、国際的に活躍する現代美術作家、杉本博司の個展「杉本博司 瑠璃の浄土」を開館記念展として開催していた。

京都行くし、面白いもないかなと探していたら見つけたこの個展。

杉本博司ってどんな人って調べると「写真家」となっていて、カメラ買ったばかりの私にとっては写真家の個展、しかも国際的に活躍する現代美術作家となっていると観に行くっきゃないだろ。

まあ正直コロナの影響のせいか、気になるのなんもなくて。

京セラ美術館 公式サイト


京セラ美術館

ちょっと歩いただけで汗だく、やっと着いた。

京セラ美術館

コロナの影響で入場制限厳しく暑い中20分ほど待ち入館。

京セラ美術館

新館「東山キューブ」までは意外と距離ある。

個展の入り口はまだ。

京セラ美術館

これも杉本博司なんかな。

個展の入り口はまだ。

京セラ美術館

この4作品以外は写真撮影オッケー!

京セラ美術館

アートの世界はわからん。

京セラ美術館

わからん

京セラ美術館

わからん

京セラ美術館

わからん

京セラ美術館

これがたくさんあって、中の海の写真がそれぞれ色んな国の色んな海。

全体を通してわからんかった。

京セラ美術館

外には「硝子の茶室 聞鳥庵(モンドリアン)」

ヴェルサイユ宮殿でも展示されていたらしく、日本では初の展示らしい。

京セラ美術館小雨が降っていたせいもあり周りが小汚い印象。

ヴェルサイユ宮殿の写真はキレイやのに…

私が今欲していた写真家の個展とは違い、わからない世界観でした。

-アート, 京都

© 2022 WORLD LOG Powered by AFFINGER5