グルメ

鉄板フレンチ「Grand Bleu Gamin グランブルーギャマン」@宮古島

東京でレストランやパティスリーをギャマングループのオーナーシェフ木下威征の新規ホテル事業として2020年3月にオープンしたヴィラに入っている本格フレンチレストラン。

宮古島旅行の際にディナーで利用しました。

美味しいものがないと言われている宮古島のレストランで、正直なめていたが、私の中で上位に入るほどの素晴らしいレストランでした。

場所は宮古島の中心地から離れていて、宿泊していたシーウッドホテル(このホテルの方が中心地から遠く、しかも反対側だが)まで代行で6000円かかりました。

宮古島旅行の記事はこちら⇩

お店情報

  • 住所:沖縄県宮古島市平良荷川取1064-1
  • TEL : 050-5456-4184
  • 営業時間 : ランチ:12:00~14:00(L.O.13:30)
    【※毎週月曜ランチのみ定休】
    ディナー:17:30~22:00(L.O.21:30)
    バー:20:30~24:00(L.O.23:30)
  • 定休日 : 【Restaurant】毎週月曜ランチのみ定休
    【Bar】不定休
  • HP : https://www.grand-bleu-gamin.com/

外観

暗くなると道にある看板が小さく見逃しそうになる。

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン2

ナビに従ってサトウキビ畑を通って到着。

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン1

ちょっと不安になったが、近づいていくとオシャレなヴィラでほっとした。笑

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン3

ちょっと暗くて良さが伝わらなさそう。

一休1

引用元:一休

一休3

引用元:一休

ロビー

ロビーを入るとアロマのいい香りが。

一休2

引用元:一休

受付スタッフの方が案内してくれました。

席は個室

鉄板フレンチでカウンター席だと思っていたが、案内されたのは半個室の席でした。

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン4

南国イケメンが丁寧に接客してくれました。

代行をお願いできるか聞いたら、「もちろんです」と食事が終わる頃に来るように呼んでくれました。

もともと妻がコースを予約してくれていたので、プラスでワインペアリングを頂きました。

カウンター席は公式ホームページから拝借

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン公式1

引用元:グランブルーギャマンHP

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン公式2

引用元:グランブルーギャマンHP

ベルギーのパンとバター「PAMPLIE パムプリー」

パンは、ベルギーにレシピを送って作ってもらい、瞬間冷凍しベルギーから宮古島まで来たパン。

Grand Bleu Gaminグラン6ブルーギャマン

バターはAOCシャラン=ポワトゥ産バターのパムプリー

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン7

乾杯はシャンパーニュ

シャンパーニュはシードルに似た酸味のあるさっぱり

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン8

スペシャリテ

このレストランのスペシャリテはこの、とうもろこしのムースとゴーヤの豆乳スムージー

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン9

とうもろこしのムースは私の好物。

ゴーヤの苦味も程よく美味しかった。

カルパッチョ

真鯛の昆布〆!

私の好きなものばかり!!

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン10ペアリングのワインは、スペインのモスカテル。

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン11

造り手はファン・ヒル

モスカテルは初めてだったが辛口ながらチャーミングな果実感はカルパッチョに合ってとても美味しかった。

宮古牛ローストビーフ

宮古牛は美味しくないと聞くが、臭みなくとても美味しかった。

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン12

ペアリングのワインは、シャブリ、プルミエクリュ。

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン13

造り手は二コラ・ポテル

ローストビーフにシャブリがきてびっくりしたが、こんなシャブリがこんなまったりしてていいん?ってぐらいシャブリのイメージと違う。

シャブリあんまり好きじゃないが、これは美味しい。

蒸しアワビ

アワビも好物なんです。

ソースも絶妙!

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン15

ペアリングのワインは、サンセールのソーヴィニョン・ブラン

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン14

造り手はドメーヌ・ヴァシュロン

ソーヴィニヨン・ブランは特に好きではないが、このアワビとナイスマリアージュ!

素晴らしい。

アンコウのソテー

このアンコウはプリップリでめちゃくちゃ美味しかった。

ソースも最高!

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン16

ペアリングのワインは、プロヴァンスのロゼ。

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン17

造り手はヴィニュホン・ド・グリモ

濃厚なアンコウに、柑橘感のあるロゼがすごく合う。

白松茸のカプチーノ仕立て

重めの赤ワインを合わせるだけあって超濃厚!

トロフワな舌触り。

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン18

ペアリングのワインは、シチリアの赤。

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン19

造り手はヴィーノ・ディ・アンナ

イタリアの重めの赤、やっぱり美味しいなと再確認。

お口直し

金糸瓜と自家製ジンジャーシロップ。

かなりジンジャー強めで、お口強制リセット。

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン20

沖縄県産牛フィレ肉

ここは宮古牛じゃないんですね。

ソースと絡ませて絶品でした。

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン21写真では見えないが、半分に切られた超特大マッシュルームのスライスが敷かれている。

「お皿ぐらいおっきいんですよ」と言われ、「それはちょっと盛ってないですか?笑」と言ったら見せてくれました。

もっと大きいのもあるらしい。

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマンマッシュペアリングのワインは、カタルーニャの重め赤。

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン21

造り手はグラタビニュム

スペインのワインは自分で勝手飲むといまいちだが、ソムリエさんに選ばれたお店で出てくるワインは美味しい。

デザート

デザートは5品からの選択。

ピスタチオ好きの私はピスタチオの文字を見て即決「ピスタチオで!」

関東から移住してきたというスタッフの男の子と会話が弾んでいると、お店の人たちがハッピーバースデーをうたいながらバースデープレートを持ってきてくれました。

BGMもかけながら。

これがあったからカウンター席じゃなかったらしい。

Grand Bleu Gaminグランブルーギャマン22かなり早めの誕生日を祝ってもらいました。

濃厚ピスタチオをエスプレッソと頂きました。

最高のお店

お料理はもちろん、サービスも最高だった。

皆さん丁寧な接客ながら気さくで、会話も弾みました。

今度はヴィラに宿泊していい感じに酔ったまま部屋に直行したい。

もちろん朝食とBarも楽しみたい。

東京で活躍してるオーナーシェフのお店のせいか、県外から来てる人が多いらしい。

関東出身の男の子におすすめされた「17エンド」と「なかゆくい商店」に翌日行きました。

-グルメ
-,

© 2022 WORLD LOG Powered by AFFINGER5